効率化アップの為に家事の資格を取得!

効率アップから

作業をする時に、違うやり方を家事それぞれにするより、一貫性のある考えでやり方を決めておくと、逆に手順を辿る時も簡単で、方向性の循環が良くなります。
家政士は、数年前からスタートしたばかりの割合新しい資格で厚生労働大臣認定され、家事に直結しています。
料理や掃除や洗濯や収納などの家事のスキルを資格にしたもので、「家政婦」の要旨がよくわかります。
資格の取得には家政婦(夫)、介護の実務経験が5年以上の者とされ、一般の主婦の家事や育児の経験が5年以上あることも含むそうで、受験者に人気があります。
家庭でしている家事全般を勉強でき、家事全般の効率化に役立ちます。
身近な内容をレベルアップさせて復職にもつながりそうな資格です。
家政婦の求人の目安にもなって、安心して臆することなく応募できる資格です。
家政士の資格の保持で、依頼者がプライバシーにも関係する責任ある家事を任せる立場から見ても期待されます。
食育インストラクターは、人が生きていくために必須な食事に関する資格の一つです。
食育インストラクターの資格取得は、食育の知識を全般にわたって身につけるチャンスです。
家族に安心してヘルシーな「食」を提供することができるでしょう。
筆記試験はなく、半年間の通信講座の受講となります。
受講が完了した場合は資格認定されます。
整理収納アドバイザーの資格は、流行りもあり家の整理整頓や収納のコツを理解して役立て、空間を考えます。
無駄がなくなって家族中で片付け上手になれるなどのメリットがあります。
資格には2級と1級があって、2級までは約数か月の通信講座受講で取得でき、自宅で受験可能です。

片付ける家事

少し時間の余裕ができたから、子どもが幼稚園入園などで手が離れて手持ち無沙汰になった等、上手く時間を活用したくなる時期があります。 社会から取り残されるのも不安になる位なら、何かつながることを見つけたくなります。 ぼんやり過ごして気がついたらお年寄りになってしまうより、今を生き生き過ごしたい。

就職に役立つ資格

お店は沢山ありますが、販売士の資格で質の高さが勝負できます。 販売のプロで、仕事で活躍できる可能性が大きいです。 お店の管理者を目指す場合は1級や2級取得で、短期間で取得可能な3級から始めてみるのも。 数か月で合格する人もいます。 お店の求人に最適です。

ベジタブル&フルーツアドバイザーの資格

野菜と果物の魅力的なところを紹介し伝えるスペシャリストの資格です。 野菜とフルーツの食べ方や食べ合わせや調理法などと、各産地の知識や旬の季節や鮮度の見分け方などについて勉強します。 野菜と果物についての専門分野の料理教室開業の形態が可能で、料理教室は沢山あっても特別感たっぷりのスクールになります。

TOPへ戻る